トップページ > 鹿児島県作業療法士協会について

鹿児島県作業療法士協会について

団体の概要

私達は鹿児島県内の作業療法士の学術・技能の研鑽および人格資質の向上を図り、県民の皆様の医療・福祉・保健環境の向上に寄与いたします。

会員数

令和2年8月現在の会員数は1235名です。現在県士会は4つの支部を持っています。それぞれの支部には支部の担当理事がおり、会員のより身近なところで活動を展開しています。

活動内容

現職者研修(生涯教育制度必修研修)

この制度は、日本作業療法士協会が運営するもので、作業療法士としての自己研鑽を継続するための「基礎コース」と、作業療法の臨床実践向上のための「専門コース」に分かれています。「基礎コース」必修研修の「現職者共通研修(旧 新人教育プログラム)」と「現職者選択研修(旧 現職者研修会)」は鹿児島県作業療法士協会でも企画運営致します。

学術活動

学術部は、鹿児島県作業療法学会、会員を対象とした研修会、勉強会、症例検討会などの企画運営を行うとともに、学術誌「作業療法鹿児島」の編集を行います。学術部が主催する研修会や学術活動の様子についての詳細は、学会ホームページにてご覧いただけます。

総会議案書

各種申請様式

入会・退会・異動・改姓・休会・郵送物の郵送先変更について

入会・退会・異動・改姓・訂正・休会・郵送物の郵送先変更については、 Webもしくは、様式(PDFファイル) を当ホームページよりダウンロードしFAXにて県協会事務局へ届け出を行ってください。また、いずれの場合も同時に日本作業療法士協会への届け出が必要です。

Webでの申請はこちらをクリック

入会について書面での提出を希望する方へ

様式(PDFファイル)を下部の「入会・退会・異動届のダウンロード」のアイコンよりダウンロードしてください。

次に、印刷を行い、用紙に必要事項を記入しFAXで県協会事務局へ送って下さい。
後日、県協会事務局より振り込み用紙が送られて来ますので、年会費10,000円を振り込んで下さい。

1ヶ月程で会員証シールが送られてきます。鹿児島県作業療法士協会会員証に貼付してください。
会員証シールは県協会主催の研修会等で必要ですので、鹿児島県作業療法士協会会員証に貼付し必ず携行して下さい。
※もし、転入前の他県士会で当該年度の会費を納めている場合は、その年度に限り会費納入は免除されます。入会届けで転入前の都道府県士会名をお知らせ下さい。

(社)日本作業療法士協会への入会手続きは以下のURLよりお手続き下さい。

https://www.jaot.or.jp/nyukai/seikaiin/

退会・異動・改姓・訂正・休会について書面での提出を希望する方へ

様式(PDFファイル) を当ホームページよりダウンロードしてください。次に、印刷を行い、用紙に必要事項を記入しFAXで県士会事務局へ送って下さい。退会の際、会費の滞納がある場合はきちんと納めて手続きをとって下さい。

入会・退会・異動届ダウンロード

休会

休会を希望される場合はこちらの規程(PDF)をご確認下さい。証明書が必要な場合がございます。

※令和5年度より休会中でも協会の研修会は無料で受講可能となりました(一部の研修会を除く)。ただしポイントの発行はできません。その他留意事項がございます。詳細は規定をご確認下さい。

休会規程はこちらから(PDF)

役員紹介

会長 組織強化委員会長 吉満 孝二 鹿児島大学医学部保健学科
副会長 教育・学術局長 藤田 賢太郎 鹿児島医療技術専門学校
副会長 地域局長 福永 一喜 株式会社イロドリ
副会長 特設委員会長 西 綾 株式会社輝く羽
理事 事務局長・財務部理事 田中 有貴 大勝病院
理事 メディア事業部理事 坂下 寛志 いちき串木野市医師会立脳神経外科センター
理事 運営部理事 深見 友一 株式会社ユニティ
理事 総務部理事 小澤 孝典 就労支援センターステップ
理事 教育部理事 黒木 貴博
笹貫訪問看護ステーション 愛の街
理事 学術部理事 柳田 信彦 鹿児島大学医学部保健学科
理事 事業部理事 住吉 賢一
医療法人青仁会 池田病院
理事 企画部理事 日高 俊和 神村学園専修学校
理事 渉外部理事 永山 俊介 合同会社Smile Life
監事   峯戸松 衛 鹿児島県こども総合療育センター
監事   安藤 千恵 鹿児島赤十字病院

細則・理事資料・協会組織図

災害等発生における緊急時マニュアル・連絡網について