トップページ > イベント・研修会情報 > 研修会

研修会

日時:2018年5月20日(日)
場所:東京ビッグサイト 東京都江東区有明3-11-1
参加費:1,000円(定員500名)

講演
■平成30 年度診療報酬・介護報酬改定からみたリハビリテーション専門職に期待すること
■在宅医療からの訪問リハビリテーションに期待すること
シンポジウム
■訪問リハビリテーションと介護支援専門員との協働に向けた現状と課題
■訪問リハビリテーションと訪問看護との協働に向けた現状と課題
■訪問リハビリテーションと訪問介護との協働に向けた現状と課題

案内リーフレット・申し込み書

「POS連絡協議会『災害時リハ対応に関する研修会』のご案内」

日時:平成 30 年 7 月 21 日(土) 14:00~18:00(受付 13:30~)
場所: 鹿児島大学インテリジェント棟 503 号室download-otlife-button1

 

身障・高齢期作業療法勉強会 5月懇親会のご案内

目的

病院間OTのコミュニケーション促進です。普段勉強会には来れない方も大歓迎です。

みなさんで鹿児島の身障・高齢期作業療法を盛り上げましょう。

日時 5月9日(水)19:00~
場所 きくや(KIKUYA)
   https://www.hotpepper.jp/strJ000033616/
申込先 出欠を5/2(水)までに丸田先生 man_maru0111@yahoo.co.jp にお知らせくださ
い。

今後の予定:download-otlife-button1

これまで「介護予防推進リーダー研修会」は鹿児島市を中心に開催して参りました。本県は周知のとおり、多くの離島があり、そこでは本協議会会員が各地域住民の皆様のためにリハビリテーションを提供しております。しかし、地理的・時間的に本土で開催した各リーダー研修会に参加することができないという意見がありました。 そこで、今回「介護予防推進リーダー研修会」を奄美大島で開催致します。 これまでなかなか参加に至らなかった離島の会員の皆様、この機会に各リーダー研修会を受講していただきますようにお願い申し上げます。

http://k-ptotst.jp/

とき 平成30年2月17日(土曜日)・18日(日曜日)
ところ 山中温泉 山中座
申し込 https://v3.apollon.nta.co.jp/ninchisyo/

国際認知症会議内容(チラシ2M)

2月17日(土曜日)
◆開会セレモニー
◆円卓会議「認知症と地域生社会と生活~発症早期からの支援~」
◆歓迎レセプション(山中温泉河鹿荘ロイヤルホテル)

2月18日(日曜日)
◆国内介護事業者による認知症ケアの取組み事例発表
◆第1回国際会議のまとめと第2回に向けて
◆現場視察(加賀市内の介護事業所)

2月19日(月曜日)
◆市内観光

 

【開催日時等】

日 時:平成30年2月10日(土) 13時00分受付開始 13時30分開始

会 場:リーダー研修会  :ホテルタイセイアネックス 4-Aホール

                        住所:鹿児島県鹿児島市中央町4-32

    大田仁史先生講演会:よかセンター鹿児島 多目的ホール

                         住所:鹿児島県鹿児島市中央町10

定 員:60名(大田仁史先生講演会は300名で開催)

参加費:2,500円

申し込み方法:一般社団法人 鹿児島県理学療法士・作業療法士・言語聴覚士連絡協議会ホームページ http://k-ptotst.jp/ に掲載されています。

申し込み期間:ホームページ掲載時から1月20日まで

【受講要件】

いずれの研修会も以下の要件を満たす者が参加可能となります。各々確認の上、申し込みをされるようにお願いいたします。各士会によって参加要綱が異なりますので、ご注意ください。

作業療法士受講要件
(ア)日本作業療法士協会員かつ鹿児島県作業療法士協会員で
(イ)以下の要件いずれかを満たす者 
① 日本作業療法士協会生涯教育制度の 共通研修受講者(事例検討、事例報告の項は省く)
② 鹿児島県作業療法士協会各部局で部員として 3年以上の実績がある者(代議と認知症ネットワークを含みすべての経歴を合算する)
③ 活行為向上マネジメント基礎研修受講者 
④地域リハビ リテーション推進 研修会 (地域リハ推進部担当)受講者

 昨今、震災や大洪水といった災害が続いており、メディアにおいても特集されており、災害について考える機会がふえているのではないでしょうか。九州地区におきましても、平成28年に熊本県、大分県での地震、平成29年に福岡県、大分県での九州北部豪雨と災害が発生し、災害がより身近に感じられるようにもなっています。

 実際に災害が起きた場合、私達作業療法士には何ができるのでしょうか。支援を行う立場、支援を受ける立場、どちらにおいても現場で動くことは容易なものではないと考えられます。

 今回の研修会では、「災害対策」をテーマに、一日目は災害対策の基礎を実際に災害現場で支援まで行われている長崎リハビリテーション病院の淡野義長先生からご講義を頂きます。また、実際の現場での活動について「現場での支援者・受援者の立場から」ということで大分リハビリテーション支援センターの佐藤友美先生より実際に災害現場で支援をされた経験談を御講義して頂く予定です。2日目には両先生を中心に、演習を行い現場での活動をイメージできるようになっていけたらと考えております。

 領域にかかわらず、いつ発生するか予測できない災害に対する対策の知識と現場で動くためのヒントを学ぶことができると考えております。多数のご参加をお待ちしております。

◆主催:九州作業療法士会長会

◆内容:第一日 平成30年2月11日(日)14:30~18:00(13時30分受付開始)

    テーマ「災害対策における基礎を学ぶ」

              「九州北部豪雨での直接支援活動・本部運営/被災当事者として」

 

    第二日 平成30年2月12日(月)9:30~12:30(9:00受付開始)

    テーマ「災害対策実践演習」

                 講 師 淡野 義長 先生(長崎リハビリテーション病院)

        佐藤 友美 先生(湯布院病院/大分リハビリテーション支援センター)

◆会場:医療福祉専門学校緑生館 視聴覚教室  〒841-0074佐賀県鳥栖市西新町1428-566

平成29年度九州士会長会合同研修案内文書(鹿児島県士会171220)

本年度の全国研修会も“ 明日から使える知識・技術 ” の提案としてプログラムを構成しました。
 身体障害、老年期、発達障害、精神障害と各領域における講座を充実させ、作業療法の基本や応用を確認できる内容です。
 また、公開講座では、作業療法の知見を盛り込んだ「生活動作と遊びのアイディア集」を活用した鹿児島県士会の取り組みと、模擬的に「地域ケア会議」を実践し、作業療法士の役割を考える2つの講座を予定してます。
 作業療法士一人ひとりが「地域につながる」という役割を担い、日頃抱いている疑問や課題を分かち合う機会となり、専門性の発揮を促進する機会となると確信しています。

<第61回作業療法全国研修会-新潟会場->

★ポスター_表紙
★プログラム

会 期:2017年12月9日(土)9:45~12月10日(日)12:40
会 場:朱鷺メッセ(〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号)

※事前登録期日;11月15日(水)正午まで
※事前登録費用;10,000円
(当日受付も実施いたします。当日登録費用;12,000円)

尚、事前参加登録は下記、全国研修会ホームページから新潟会場をご選択いただき登録ください。

ホームページURL:http://www.jaot.biz/