トップページ > イベント・研修会情報 > 研修会

研修会

12月にも当研修会のご案内を致しましたが、研修会1日目のテーマが「現場での支援者・受援者の立場から」⇒「九州北部豪雨での直接的支援活動・本部運営」へ一部変更となりました。大きな内容の変更はありませんが、こちらの配慮不足で大変申し訳ありませんが、ご了承下さい。

昨今、震災や大洪水といった災害が続いており、メディアにおいても特集されており、災害について考える機会がふえているのではないでしょうか。九州地区におきましても、平成28年に熊本県、大分県での地震、平成29年に福岡県、大分県での九州北部豪雨と災害が発生し、災害がより身近に感じられるようにもなっています。

 実際に災害が起きた場合、私達作業療法士には何ができるのでしょうか。支援を行う立場、支援を受ける立場、どちらにおいても現場で動くことは容易なものではないと考えられます。

 今回の研修会では、「災害対策」をテーマに、一日目は災害対策の基礎を実際に災害現場で支援まで行われている長崎リハビリテーション病院の淡野義長先生からご講義を頂きます。また、実際の現場での活動について「九州北部豪雨での直接支援活動・本部運営/被災当事者として」ということで大分リハビリテーション支援センターの佐藤友美先生より実際に災害現場で支援をされた経験談を御講義して頂予定です。2日目には両先生を中心に、演習を行い現場での活動をイメージできるようになっていけたらと考えております。

 領域にかかわらず、いつ発生するか予測できない災害に対する対策の知識と現場で動くためのヒントを学ぶことができると考えております。多数のご参加をお待ちしております。

◆主催:九州作業療法士会長会

◆内容:

第一日 平成30年2月11日(日)14:30~18:00(13時30分受付開始)

テーマ「災害対策における基礎を学ぶ」「現場での支援者・受援者の立場から」

第二日 平成30年2月12日(月)9:30~12:30(9:00受付開始)

テーマ「災害対策実践演習」

講 師 淡野 義長 先生(長崎リハビリテーション病院)

佐藤 友美 先生(大分県リハビリテーション支援センター)

◆会場:医療福祉専門学校緑生館 視聴覚教室  〒841-0074佐賀県鳥栖市西新町1428-566

平成29年度九州士会長会合同研修案内文書および申込書(鹿児島県士会)改訂(PDF400KB)

本年度の全国研修会も“ 明日から使える知識・技術 ” の提案としてプログラムを構成しました。
 身体障害、老年期、発達障害、精神障害と各領域における講座を充実させ、作業療法の基本や応用を確認できる内容です。
 また、公開講座では、作業療法の知見を盛り込んだ「生活動作と遊びのアイディア集」を活用した鹿児島県士会の取り組みと、模擬的に「地域ケア会議」を実践し、作業療法士の役割を考える2つの講座を予定してます。
 作業療法士一人ひとりが「地域につながる」という役割を担い、日頃抱いている疑問や課題を分かち合う機会となり、専門性の発揮を促進する機会となると確信しています。

<第61回作業療法全国研修会-新潟会場->

★ポスター_表紙
★プログラム

会 期:2017年12月9日(土)9:45~12月10日(日)12:40
会 場:朱鷺メッセ(〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号)

※事前登録期日;11月15日(水)正午まで
※事前登録費用;10,000円
(当日受付も実施いたします。当日登録費用;12,000円)

尚、事前参加登録は下記、全国研修会ホームページから新潟会場をご選択いただき登録ください。

ホームページURL:http://www.jaot.biz/ 

※一部に鹿児島市介護予防よかよか体操伝達講習会を含みます。
開催日時等
日 時:鹿児島会場:平成29年7月29日(土) 13時30分受付開始 14時00分開始
    国 分会場:平成29年7月30日(日) 09時30分受付開始 10時00分開始
※終了時間は終講式(連絡等)を含みます。
会 場:鹿児島会場:鹿児島大学医学部保健学科 インテリジェント教室
    国 分会場:鹿児島第一医療リハビリテーション専門学校
定 員:鹿児島会場:100名
    国 分会場:60名

※詳細は鹿児島県理学療法士・作業療法士・言語聴覚士連絡協議会のホームページに掲載されてます。

それぞれ受講要件がありますので、平成29年7月開催分 介護予防リーダー研修会要綱20170621.docxをご確認の上お申し込み下さい。

【日 程】平成29年9月30日(土)~10月1日(日)

【会 場】佐賀県在宅サポートセンター
                    佐賀県佐賀市神野東2丁目6番1号

【参加費】無料

【定 員】50名

【対象者(応募資格)】
日本作業療法士協会正会員であり、かつ九州各県士会へ所属している臨床実習指導者。
※臨床実習指導者研修制度の初級を修了、もしくは基礎研修修了前でも現職者研修「作業療法における協業・後輩育成」・「職業倫理」を受講済の者。または旧新人教育プログラムにおける人間関係論1・2若しくは臨床実習指導のいずれか1つ及び倫理綱領若しくは関連法規のいずれか一つの2テーマを受講済みの者。

【目的と講義概要】
専門教育の質の向上が求められる中、少子化や進学率の上昇及び養成校の増加に伴い、学生の学力低下や内面的課題を抱えている学生が増えてきている。また、臨床実習指導者の若年化や経験則による指導などにより、学生の臨床実習到達点の低下が危惧されている。そのため指導法の習得や指導の工夫が求められている。そこで本研修では、
①作業療法学生の臨床実習指導に必要な知識と技術に関する内容、
②作業療法学生の臨床実習指導に必要な管理運営             に関する内容を学習する。

詳細データ(PDF147KB)

◆リンパ浮腫複合的治療料実技研修会開催のお知らせ◆

【目 的】:平成28年度の診療報酬改定により、リンパ浮腫複合的治療料が保険収載された。本治療料には研修要件が課せらており、座学33時間、実技67時間の修了が必要となる。その対応として、日本理学療法士協会との共催で実技研修を開催する運びとなった。
 研修内容は、リンパ浮腫治療料の診療報酬を算定する施設基準の条件にあげられている「専門的なリンパ浮腫研修に関する教育要綱」に準じたものとなっている。

【主 催】:一般社団法人日本作業療法士協会・公益社団法人日本理学療法士協会

【開催日】:2017年7月8日(土)~9日(日)

      2017年8月5日(土)~6日(日)
      2017年9月9日(土)~10日(日)
      2017年10月21日(土)~22日(日)
      2017年11月25日(土)~26日(日)
      2018年1月13日(土)~14日(日)修了試験

【場 所】:ナック商会株式会社 東京オフィスセミナールーム
      東京都中野区新井5-22-8

【受講料】:20万円(修了実技試験料を含む) 

      教材費:3万円

 【定 員】:30名 先着順

【申し込み】:下記よりお申込みください。

       https://mypage.japanpt.or.jp/jpta/cm/cmSeminerJizenPopup.html

【申込み期間】:2017年5月31日~6月23日

「暖かな人間関係をつくるマナー&コミュニケーション」のご案内

主催:鹿児島県作業療法士協会南薩支部  共催:鹿児島大学医学部保健学科

対象者

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士、看護師、社会福祉士などの医療関連職種
80(分野不問,申込締切りは平成295 14日(日)で先着順)

日程

平成29521日 日曜日 10301200 (受付1000より)

参加費

鹿児島県作業療法士協会 会員:無料(当日入会可)非会員:10,000円 
多職種:2,000(当日、会場での支払いとなります)

場所

鹿児島大学桜ヶ丘キャンバス 教育棟5階 501号教室
住所:鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目351

参加対象ポイント 作業療法士 会員2ポイント付与(鹿児島県作業療法士協会会員に限る
申込方法

メールの件名に「マナー研修会申込み」と入れ,本文に作業療法士協会会員番号,(会員以外または他職種は不要) ②氏名,③所属および職種, ④連絡先, を記載し,アドレス(nansatu_ot@yahoo.co.jp)にお申し込み下さい.なお当日会員の方は会員証(またはH29年度県士会会費の振り込みが確認できる領収書)と生涯教育手帳を持参し,受付で提示して下さい。H29年度県士会費納入が、準備できなければ、非会員扱いとなりますので、ご注意ください。

申込先・問合先

アドレス:nansatu_ot@yahoo.co.jp 
※申し込み及び問い合わせは上記アドレスまでお願いします。問い合わせの返信も原則上記アドレスから返信いたしますので、メールフィルター設定等にて上記アドレスからの受信が可能になる様設定を各自お願いします。

 

テーマ

研究を進めたい人の相談会

ーやりたい研究を相談してみよう

目的

研究テーマ・内容をまとめた研究計画書を持ちより、それをもとに各分野(身体分野、精神分野、発達分野、高齢者分野)のファシリテーターとマンツーマンで研究の進め方について相談を行いたいとおもいます。研究内容の充実と研究について学びを高められるようにしています。研究を進める支援を行うと言うことで、今回は県学会と同日・同会場で行うことになりました。県士会員の学術的な研鑚の場になればと思いますので、この機会をご活用下さい。

ファシリテーター

窪田 正大 氏  (鹿島大学医学部保健)

柳田 信彦 氏  (鹿島大学医学部保健)

井上 和博 氏  (鹿島大学医学部保健)

池田 由里子 氏 (鹿島大学医学部保健)

タイムスケジュール 平成29年3月5日(日)15:30~(学会口述発表終了後より、各自30分程度)
場所

鶴陵会館(当日の受付は学会受付になります)

参加対象ポイント 今回ポイントはつきません
申込方法

Eメールにて件名に「研究法研修会」と入れ、本文に①協会会員番号、②氏名、③所属、④電話番号を記載し、研究計画書を添付してお申し込み下さい。研究計画書は県士会ホームページからダウンロードしてレイアウトを参考にして作成してください。不明な点は問い合わせ先までご連絡ください。

メールを受信した後、こちらから「申込受け付けました」という返信メールを1週間以内に送ります。メールを送って返信が来ない場合は再度送っていただくか、問い合わせ先にご連絡下さい。

なお、当日は「会員証」または「県士会会費の振り込みが確認できる領収書」を受付で提示してください。受付は学会受付となります。

申込先 ot_2012@yahoo.co.jp 持永博幸(もちながひろゆき)まで
申込締切 平成29年2月3日(金)必着
問合せ先

川内市医師会立市民病院   持永 博幸(もちなが ひろゆき)                                                         〒895-0005 鹿児島県薩摩川内市永利町4107-7

TEL0996(22)1111   FAX0996(22)0053

e-mailot_2012@yahoo.co.jp

 

download-otlife-button1

研究計画書入力フォーム

 

 

テーマ 「発達障害児が思春期・青年期に抱える問題 ~二次障害にならないために~」
目的

近年、発達障害に携わる医療・教育・福祉の広がりが見られており、乳幼児期からの早期発見の重要性がうたわれ、青年期や成人では二次障害として臨床で出会うケースもしばしばみられます。この研修会では、発達障害の子どもたちが抱える問題を知り、それぞれのライフステージに沿った対応を考えるきっかけとしたい。

講師

吉田 巌 氏(精神科医:鹿児島県中央児童相談所/鹿児島県こども総合療育センター/鹿児島大学病院神経科精神科 兼務)

対象者 作業療法士・医療職種・他職種
日程

平成2811月5日(土曜) 100012:00 (受付:930~) *質疑応答を含む

参加費 会員:無料(非会員¥10,000)  ・医療職種:¥2,000   ・他職種(一般):¥1,000
場所

鹿児島大学桜ヶ丘キャンパス 共通教育棟 インテリジェント講義室

890-8544鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8-35-1

参加対象ポイント 2ポイント(日本作業療法士協会ポイント)
申込方法

件名に「11月発達支援K-OTチーム研修会」と入れ、本文に①協会会員番号(他職種の方は職種名)、②氏名、③所属(自宅会員の方は地区を明記)④電話番号、⑤経験年数、⑥講師の先生に質問したい事項を記載しお申し込み下さい。 

メールを受信した後、こちらから「申込受け付けました」という返信メールを送ります。メールを送って返信が来ない場合は再度送っていただくか、問い合わせ先にご連絡下さい。

なお、当日は「会員証シール」または「県士会会費の振り込みが確認できる領収書」と「生涯教育手帳」を持参し、受付で提示してください。証明できるものが提示されない場合、受講できません。

申込先 hattatu_k_ot@yahoo.co.jp】に 先成 聖(センナリ セイ)まで
申込締切 平成281029日(土曜)必着
問合せ先

やまびこ医療福祉センター 先成 聖

       〒891-1206 鹿児島市皆与志町1779

        e-mailhattatu_k_ot@yahoo.co.jp

 

download-otlife-button1