トップページ > 新着情報

新着情報

「九州作業療法学会2022in佐賀」の参加登録が52()から開始されます。

今大会は、佐賀県を拠点としたオンライン開催となります。会期は、618日(土)、19日(日)です。
中村会長の基調講演から、各領域の教育講演(運転、精神領域、こども領域)、eスポーツと作業療法、シンポジウム(認知症、アシスティブテクノロジー)、MTDLP、九州士会長会リーダーなど多数の企画を予定しております。

Instagram(九州作業療法学会2022in佐賀)
https://instagram.com/kyuot_saga.gakkai?igshid=YmMyMTA2M2Y=

Facebook(九州作業療法学会2022in佐賀)
https://onl.sc/fUj1ZGm

大会リーフレット(PDF
https://drive.google.com/file/d/19I5DQlmMLFRkBF6P-18u7i94R3kWqynL/view?usp=sharing

大会ホームページ
https://kyuot2022.secand.net/

第32回鹿児島県作業療法学会演題募集中

学会テーマ

チャレンジ  ~新しい時代に飛び立つ私たち~

開催日

令和4年8月27日(土)・28日(日)

会 場

西之表市民会館(鹿児島県西之表市西之表7612 ホール)

※対面開催とWEB配信のハイブリットでの開催予定。

内 容

現在、学会のテーマである「チャレンジ」に沿った企画をスタッフが知恵を絞って思案中です。

日本初の離島での作業療法関連学会は運営自体がチャレンジです。

そのチャレンジ(準備)の模様はInstagram、Twitterなどで配信していますので以下のアカウントを是非、お気軽にフォローしてください。

※アイコンをタッチするとリンク先に移動します。

演題登録詳細は以下のPDFファイルを確認してください。

download-otlife-button1

県協会研究倫理規定誓約書のダウンロード

 

演題登録はこちらから

一般社団法人 鹿児島県作業療法士協会 

選挙管理委員長 池田 真一 

  一般社団法人 鹿児島県作業療法士協会の役員選挙に、次のように立候補および推薦があったことを報告します。 なお、投票は令和4年5月20日(金)に行われます代議員総会において実施されます。

候補 候補者氏名 所属施設名 理事または監事になって取り組みたいこと
理事 福永 一喜 居宅介護支援センター・七福神 会員皆様の研鑽や作業療法の普及発展など、協会のさらなる活性、多職種ネットワーク作りなどに取り組みたい。
理事 藤田 賢太郎 鹿児島医療技術専門学校 ICTを用いて場所、時間、年代を超えて繋がれる組織体制の構築
協会を身近に感じられるよう会員のニーズを積極的に取り入れることのできる組織の構築
協会をより求められる組織へ(地域貢献の拡大と地位の向上)
理事 日髙 俊和 神村学園専修学校 ①日本作業療法士協会・鹿児島県作業療法士協会会員数の向上
②現職作業療法士の質の向上
③作業療法啓発活動(作業療法士の地域理解を深める)
理事 吉満 孝二 鹿児島大学医学部 以下が私の課題、展望です。
1.法人として地域の医療・介護・福祉に社会的貢献する
2.医師会、リハビリ3職種会との連携に加え、介護職職能団体との連携を構築する
3.卒後(新卒~3年目)教育に注力し、会員の臨床力の底上げを行う
4.中堅作業療法士の生涯教育を行い、職場や社会で求められる人材を育成する
5.会員(特に自宅会員、休会中の会員)の復職・転職をサポートする
6.令和5年7月の九州作業療法学会 in 鹿児島を成功させる
理事 西 綾 株式会社 輝く羽 以外が私の課題と展望になります。
1.他職種異分野(医療以外も含む)との連携
2.鹿児島県や鹿児島市の取り組みの中に、作業療法士協会としても参画できることを検討
3.作業療法士の就職(他県から)や復帰(ブランク)のためのアシスタントできるツールを構築
4.女性へのフォローupや相談窓口の検討
5.作業療法士協会会員であるメリットの拡大
理事 小澤 孝典 就労支援センターステップ これまで旧教育部、生涯教育部で約5年活動して参りました。今後は県協会での活動の幅をより広げて、県協会員の皆さまのお役に立てればと思い、立候補致しました。今回は総務関連での仕事に従事できればと考えています。総務の仕事は協会運営をスムースに行えるよう、様々な調整をすることだと認識しています。この5年間で少しずつ県内の作業療法士とのつながりができてきました。未熟な部分もございますが、他の役員の方々と協力して、県協会の運営、さらに言えば改革のお手伝いができれば幸いです。よろしくお願いいたします。
理事 田中 有貴 大勝病院 代議員や各部局の部員の方々と定期的に積極的な意見交換が行える機会を設け、会員の皆様が県協会に求めていることを拾い上げられるような体制作りを目指したい。それにより県協会がより発展できるよう貢献したい。また、収入と支出、事業費と管理費のバランスを考慮した予算編成、予算執行、決算が行われるよう努めます。
理事 柳田 信彦 鹿児島大学医学部保健学科 【学術部に関して】
県士会会員が作業療法士としての業務において、根拠に基づいた説明や説得ができるための学術の向上を目的とした学会、研修会、研究支援事業を行っていきたいと考えていきたい
さらに子育て中の会員や多様な勤務形態に対応できる研修会を行っていきたい
【県士会全体に関して】
女性の代議員、理事を増やすことにより女性会員が多い協会として、女性会員の多様なニーズに対応できる協会にしたい
また転入、復職、復会などに対して、丁寧かつ細やかに会員のニーズに対応できる協会にしたい
理事 坂下 寛志 いちき串木野市医師会立脳神経外科センター 広報活動の面から県士会活動の支援を行いたいと思います。
・Web(ホームページ)、SNSを利用した県士会活動の発信の継続
・県士会員が利用・参加しやすい環境つくり
・県士会員がコミュニケーションを行える場(Web環境)の提供
・広報を通じて異業種とのコラボレーションの環境つくり
上記の内容について支援できていければと考えています。
理事 黒木 貴博 笹貫訪問看護ステーション 愛の街 新人教育の強化と認定OTの養成に取り組みます。
1.現職者基礎研修修了者を増やす
2.新人交流会、新人委員会(仮名称)の創設
3.MTDLP事業の推進とトピックス研修の充実
4.臨床実習指導者講習会の受講者の増加に向けた取り組み
5.認定OT取得のメリットを会員に普及させる
理事 住吉 賢一 医療法人青仁会池田病院 1.協会として会員を支援する体制作りを構築するため、会員の意見を集約していきたい。また、会員同士のネットワーク構築を強化し、会員同士が繋がる機会を提供していきたい。
2.地域に対する作業療法士の普及啓発に努めていきたい
理事 永山 俊介
(理事会推薦)
合同会社Smile Life 鹿児島で作業療法を必要とされている方々へ会員の皆様の力が多く行き届く様に、またそんな力を発揮しやすい環境作りの為に、少しでもお手伝いできたらと思います。よろしくお願いします。
理事 深見 友一 株式会社ユニティ 会員同士の繋がりを豊かなものにし、作業療法を通じて地域に貢献できる組織づくり
監事 安藤 千恵 鹿児島赤十字病院 適正に県士会活動が行われるよう監事として、関わっていきたいと思います。
監事 峯戸松 衛 県立姶良病院 協会の活動が適正かつ有益に施行されるよう、監事として見守り、建設的に関わっていきたいと思います。